価格や歴史

オリーブデオリーブのターゲット層はティーンや若い女性なので、価格も抑えられているのが特徴です。ですがファストファッションブランドのように極端に安くなく、ハイブランドのように高く設定されているものではないです。少し頑張れば学生や若い世代でも気軽に購入することができ、オリーブデオリーブ独自のファッションが楽しめるようになっています。 一時期には業績が悪化したこともありますが、若い女性向けの雑誌と連動企画を行うことで業績を持ち直しています。その時期に売り出したいアイテムの特集を組み、若い女性の購買意欲を刺激したのです。ブランドは高いというイメージを無くし、妥当な金額で購入することが出来ると若い世代も知ることが出来たのです。

オリーブデオリーブの歴史は、1984年に始まります。かわいいとリアルクローズをコンセプトに、トレンドとかわいらしさを軸に、オリーブデオリーブらしさを発信するブランドとして人気を集めます。ブランドが作り出すファッションを通して、女性に勇気や元気を与えたいと考えられ誕生したのです。 キャッチコピーは「かわいいを生きる」で、それを体現するためにもエコ活動や想像力を磨くなど社員の努力もめざましいものがあります。 どんな世代の女性でもかわいらしいファッションを楽しめるように、年代ごとに合ったブランドも発展しています。また様々な商品を提供するため、ギフト用のタオルやステーショナリー、子供服などファッション以外のアイテムも販売されるようになっています。